スポンサーサイト

  • 2011.03.05 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


本当はとてもうらやましかった 僕は止まったままだから

出願締切完了しましたね〜。

自分はというと、センターリサーチやらなんやらで探した結果、傾斜配点でいけそうな教育大あったのでそこに出しました。



がしかし!!!
思いもよらない事態が!


その大学去年は倍率が約三倍だったのに
最終志願状況を確認すると約11倍www

どうしてこうなったwwww


教育大受験している人にはわかると思いますが、教育大とか教育学部は定員すくないから多くても6〜7倍ぐらいなんです……ww


そして、さらに困ったこてが!!


センターリサーチでは定員内だったんですが(駿台ベネッセは申請忘れてたので、できなかった)、個人的に予想した以上の出願数。これを分析すると、普通はリスクを冒さないのが最近の傾向を考えると明らか逸脱。
考えられるのは、他の教育大を諦めた受験者が自分と同じようにセンターリサーチで定員内のレベルもしくは逆転出来そうと踏んで流れ込んできたか、自分より点がよかった他教育大の受験者が確実性を狙ってきたか。


前者は、争う数が多くて憂鬱、
後者は、自分が逆転しないといけない立場におかされたかもしくは(最悪は)、挑戦自体をのけぞられたか。

でも、もう出願してしまっているのでリサーチを信じ、最悪挑戦レベルに踏み止まってることを願い、最善を尽くすしかない。

人事を尽くして、身を委ねるのみ。



それはそうと、少し気が早いけど受験が終わったら(?)
体験談とか反省、
センター対策について書こうかなとおもう。
センター対策は、
英語と国語を具体的にかきたいと思います(というか他は書けないけどww)



浪人生のみんな最後までお互いがんばりましょう!!

センター試験

終わったー!!


今さっきまで一日だけの休養ということで遊んできました。


んで、ちょうど採点終わったところ。


英語170点

国語評46小説16古50漢33
145点

数学1A58点2B24点


生物51点


世界史73点


倫理78点


599点……。


一日目の手応えがまあまあで二日目で油断したのか……。
といっても一日目が予想外に若干低いのかちょっとへこんだ。一日目は全部八割と思ってたまじに。

国語は漢字二問もミスるし、数学は簡単な問題なのに計算ミスして焦って爆死。。。。もったいな。




どこにだせるんだ!!



ちょっとサーチしてみるか。

少し変な目で、というより差別的、軽蔑するように、見下すように、嫌な目を向けるかもしれない

自分が実感し、ぼんやりと考えてたことが現代文の内容とか倫理の人物のと被ることが現役生の頃から多かった。


それは、どこか誇らしげでもあり遺憾な感情もある。しかし、大きな可能性も含んでいる。




誇らしげなのは自分がこの学力高めな人と少なからず同じ思想を持っていることだった。


遺憾なのはまず、この学力高めな人と少なからず同じ思想を持てているのに、自分にはこの人と同じレベルの学力を持てていないこと。

次は、もう同じ思想が既に出ているということ。それも自分が生まれる前にだ。絶望だ。


この自分で見つけた思想はもう自分のではないし(なかったし)、もうその手の思想研究はおそらく済みだろう。


でも、昔の人が見つけた思想って自分が見つけたときほど物質的に、情報的に、精神的に豊かな時代ではなかった。


それにもかかわらず、見つけていたのだ。

つまりは、誇らしげに思ってた自分は馬鹿馬鹿しかったのは認めるとして、遺憾に思うことはなかった。


メルロポンティの言葉に両義性というものがあったはず。



今の社会(ステージ)と昔の社会(ステージ)とは状況は違う。※引用ではない。



ということは自分は昔の人が見落としていたかもしれない可能性を新しい視点を持った状況から見ることができる。比較し止揚できる可能性も生まれた。


さらにいえば、見落としている可能性があるかもしれないという視点、または、パラダイムを破り見るという視点を得たという。



同じレールを歩いているようで違う。イメージとしては、昔の人のレールの上をバックトゥーザフューチャーに出て来るスケボーで飛んでいる感じ。

でも、まだ乗りこなすことはできずブレブレでまっすぐ。


そして、どのように飛んで、飛べるようになるかで
例え同じ結果になったとしても、それはカルヴァンの二重予定説に自由意志をもたずに従うのと自由意志を持って従うのと同じくらいに違う思想になる。


ただ、レプリカと本物のような価値関係ではない。


そこには寛容さをも備えている。


結局は、誰かの自分のためになればいいとう結果だけは同じだった。

だから、少なからずそれは永劫回帰なるもの、ニヒリズムではない。
もっと自分の、いや人間の可能性に賭けて生きてみようじゃないか。



死ぬその時まで永劫回帰臭なるものを甘んじて享受しよう。嫌なことからなんでも。

センター国語2010の古文がこんなに良問なわけがない

いやー。
良問。良問。(問3と4の連携が)

というか、都合がよく、導く過程がはっきりしすぎてアリストテレスのいう観想的生活を送っているかと思ったよ……。


まぁっそこはおいといて

後3日です。
寝る前に良くない結果を想像して寝られないです。
5分後には寝るけど。




河合センターパック桃パック文系科目


英語:150点
国語:145点
倫理:89点
世界史:69点

合計:453/600


英語はもう少しあると思ったけど間違いがちょくちょくあった。

国語は

評46小説26古23漢50


評論、漢文は50点、古文40ぐらい小説も30後半はあるなとか思ってたら

古文今まで取ったことのない点数に…。
納得がいかないのか、はたまた、納得できるレベルじゃなかったのか一問意味不があったなぁ。
あと、「数の日をつめる」→「停滞する」という見慣れない表現も。
内地では普通なのかな?
お手上げでした。問6は「寂しい」といっていいのだろうか。


評論ではまたしても合致を落としてしまうし。


倫理は易しい。
各予備校あんなにやさしめにするのは今年易しくなる予想なのか?

ちょっと納得いかん。


世界史はなんでだろう?
しっかり整理し直す。





理系は明日やろう!

Z会センターパック

終わった。

数学難しすぎる!

久しぶりにやったから余計に爆死…。15点くらい下がった…。



文系だけ結果。


英語:134点
国語:159点
倫理:94点
世界史:72点



病み上がりにしては出来はよかった。

英語:読み込みのスパートかける。



国語:評46小説27古50漢34170台は行けるだろうという感じ。ミスが目立つ。そしてイラ立つ。


倫理:手抜きすぎだろZ会やる気ないだろ。難しい問題がセブラル。
本番は最後の倫理だけで受けれる問題だから気合い入れてくる気配がするってのに。


世界史:八割最近なかなか行かない…。復習だ。


1A2Bに関しては復習するしかない。がんばるぞ。

疲労困憊

駿台センターパックまだ終わらせることができず。



じいちゃんがクリスマスイヴに亡くなって告別式とかやって。


数学だけやってないんだけど。



後、最近運動とかしてなかったから疲れが貯まったのか、風邪引いてしまった。けっこうきついやつがきた。
いろいろやることあるのに。


Z会センターパックも本当は明日だけど一日ずらすかも。

駿台センターパック文系難しかったような実力不足なのような。




後、気付いた点。


国語→文構造を理解しようとするあまり、作者の文章を通して伝えたいこと、関係に気付けなかった。

構造を目的として理解疎外といったところ。

そこを理解できれば収穫ありか。


困難に身を置かないと得ることができないものがある。




と誰が言ってた気がする。

風邪で記憶細胞死にまくっていると感じてるが気のせいにしておこうっと。


がんばるぞ。

疲れた

第一回センターパック

英語:148点
国語:125点
数学1A:78点
2B:61点
世界史:78点
倫理:91点


581/800点



反省

英語:2ちゃんでの評価がほとんど『やや易』だったのでそう感じたけど小ミスが目立った。読むスピードが遅かった。



国語:評論で満点取れなかったのは痛い。合致問題を二つも落とすとは…。意識して読めていないです。
古文では、選択肢にやられた。読むスピードが遅かった。


数学1A:確率終わらせなかった。


2B:めんどくさい計算が多くてイライラした。練習しないといけない。


世界史:80は越えたかった。


倫理:簡単だったけど、間違ったところが基礎的なものだったからメンテナンスをしっかり。




全体として650は越えたかったー。


次は25日の駿台センターパック。

それまで、また演習を積んで行こう。

明日の日程(河合センターパック2010)

201012191617.jpg
倫理:7時30分〜8時30分

10分休憩

世界史:8時45分〜9時35分


15分休憩

国語:9時55分〜11時15分


15分休憩


英語:11時35分〜12時55分


お昼1時間


数学1A:14時〜15時


10分休憩

数学2B:15時15分〜16時15分


自己採点と誤答だけで一日が終わるかな。
倫理と世界史は誤答終わった後に必ずやろう。



もとの世界史の教科書の青さは抜けてしまった。
用語集はホッチキスとセロハンテープで保全。

やり込みなのかただ単に扱いが雑なのか……。

何か教科書というものに親しみを感じてしまったよ。
まだセンターも終わってもいないのに。

後少しで重圧から脱出するから。無機的な付き合いはセンターまで。


後もう一息がんばるか。

『演じている』やつの言葉は信じるな。真であっても適切じゃない。

201012191616.jpg
小説がスランプです。

標準問題でも満点取れないし、ひどいときは30点きることも。

丁寧さが少し足りないのかな。15分で丁寧にストーリーを追う練習しないと。
というか、評論でもちょっと丁寧さが足りない気がする。
早く読むコツを知ることによってもっと早く読もうとするから整理が中途半端になって設問解くときに要素、決定的な根拠を見失ってる。


バランスが難しいな〜。
ここは一気に二つ同時に精度上げるよりも、

丁寧さUP→丁寧さにより慣れる→丁寧さクオリティーを最低ラインに保ちつつスピードを徐々に上げる


べきかな。
残り26日練習にもあてつづけなきゃ!



あさっては、パックシリーズ第一弾


河合パック2009



一年前のだけどとくに復習したおぼえもないし、思考のプロセスが変わってるから違う問題に見えるはず。


一年前の点数があったら
比べて、どれくらい出来上がってるか見てみたい。

点数は一応残そうと思うから書こうかな。


ちなみに生物は抜きます。
だから800点満点。

河合パック2009は2ちゃんで位置を把握しよう。




がんばるぞ!
続きを読む >>

模試とセンターの選択肢

センター:文構造、形式段落ごとに書かれているキーワード等の性質の整理・区別により解ける問題。そして絞り切れない場合は、適切な言葉づかい(本文に書かれていない等)で解いていく。



模試:文構造、形式段落ごとに書かれているキーワード等の性質の整理・区別により解ける問題。本文に書かれてない記述で解ける問題。


そして二つの明確な違いは、

『本文に書かれている記述について』の細かさとそこを根拠づける頻度。

センターでは頻度は少なく、模試だと多い。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM